大腸がんから自分を守るための知識~ガンッと治すがん~

病院

日本人がなりやすい病気

先生

胃がんは日本人がなりやすいがんです。そのため患者数もとても多いのですが、胃がんは治りやすい病気で、治療することで90パーセント以上の確率で治すことができます。主な治療法は手術です。

詳細を確認する...

手術で取り除くことが大切

先生

大腸がんの発見が遅れて、転移がんが見つかった場合は、手術によって取り除かなければなりません。転移がんを全て取り除くことができたら、治る確率も高いです。大腸がんは肝臓に転移しやすいです。

詳細を確認する...

初期段階は気づきにくい

先生

喫煙者が肺がんになると思っている人も多いですが、喫煙が関係ない肺がんもあります。それが、肺腺がんです。肺腺がんは非喫煙者でもかかる確率はあります。初期の段階は見つけにくい性質があります。

詳細を確認する...

早期発見が重要

先生

怖い病気として、がんがあります。がんになる仕組みは、正常な細胞の一部ががん化して、増加することによってがんになってしまいます。元々は体の中にある正常な細胞が、突然変異してしまうのです。細胞ががん化してしまうと、周囲の細胞や組織を傷つけていきます。そして、血液やリンパの流れにのって転移、増殖をするのです。がん細胞が成長していく度に、体の栄養はどんどん奪われていき、人間は衰退していってしまうのです。これががんの仕組みですが、実は日本人の死亡の原因として、がんが一番多いのです。そのため、死亡する病気という印象がありますが、医療技術が進歩したことで、治るがんも増えてきています。完治することも可能ですし、完治できなかった場合でも、健康な人と同じような生活を送ることができます。胃がん、大腸がん、肺腺がん、すい臓がん、などがんの種類は様々あります。

50歳以上の人がなりやすいがんが、大腸がんです。大腸がんとは、名前の通り大腸にできるがんのことです。大腸がんは、がんの中でも進行するスピードは遅めなので、比較的治りやすい病気です。そのため、大腸がん患者の半数以上が完治していたり、上手に付き合ったりして生きています。進行は遅いのですが、治療するためには早期発見をすることが大切です。発見が遅くなると取り返しのつかない事態になることもあります。大腸がんの検査は、便潜血検査が一般的です。便の中に血液が混じっているかどうか調べることで、がんかどうか判断することができます。一度検査したから良い、というわけではなく、定期的に検査することが大切です。発見が遅れると治りやすいがんでも、転移がんとして肺や肝臓にまで広がってしまいます。完治するためにも、定期的に検査を受けて、早期発見、早期治療を心がけることが大切です。