コンテンツへスキップ

債務整理は、多重債務の状態から抜け出す

債務整理は、多重債務の状態から抜け出すのに必要な方法ですが、長ければ半年ほどの間、手続きが行われることになるでしょう。

中には、この期間中にも資金が足りなくなり、再び借金をしたいと考える人もいるでしょう。

ですが、どこかで借入するようなことは、どのような事情があっても止めましょう。
これがバレてしまうと、裁判で不利にはたらき、免責が許可されなくなるケースもあります。債務整理をしたことがあるという事実についての記録は、かなりの期間残ります。この情報が存在する間は、新たな借入ができないのです。情報は何年か経過すれば消去されますが、それまでは万人が見ることができる状態で残されています。

相談無料というのは最初のうちだけで、本当に債務整理の手続きを進めるためには、どこの事務所でも着手金が不可欠です。

額に関する規定は特にありませんから、弁護士次第というところでしょう。

また、自己破産と個人再生のように裁判所を通す手続きでは、最初から成功報酬が決まっているところが多いですし、任意整理となるとその成功報酬は和解内容次第でかなり変化します。

本人が債務整理を行うことは難しいため、その道の専門家である弁護士や司法書士に依頼しなければなりません。タダというわけにはいかないので、お金を用意できなければ依頼できないと思って諦める人もいるようです。ですが、実際のところ、こうした依頼料は債務整理が完了した後に、分割払いなどで支払うことも可能です。依頼時に支払わなければいけないというわけではありませんので、気軽に問い合わせてみると良いでしょう。
債務整理をするのなら忘れないでいてほしいのは、残った債務を無事に完済し終えても、一定の期間が過ぎないと、金融サービスの審査で落とされてしまうでしょう。
なぜなら、債務整理をしたことはブラックリストに名前が載ってしまいますから、短くとも5年以上は、クレジットカードの利用や、信用情報機関に加盟している大手の金融機関での借入やローンを利用することが100%できなくなってしまいます。
延滞する位ですから弁護士への着手金を用意するのも大変でしょう。

しかし、それでも状況次第では債務整理の手続きをお願いすることは可能です。

たとえば着手金が無理でも手付けをなるべく用意するようにして、本来の着手金との差額は、介入通知を送付してから返済猶予期間に積み立てをして、すべての処理が終わってから成功報酬などと一緒に積立から精算を行います。債務整理の相談で法務事務所などを訪れた際には、積立方式を勧められますし、債務の返済が再開してから弁護士費用を支払うよりはよほど現実的です。

月々の返済がつらくなって債務整理という手段を選んだものの、むしろ支払いが増えてしまったという例もないわけではありません。

性の悪い弁護士事務所や司法書士等に騙されたパターンです。一例を挙げると、任意整理で債務が200万から170万円になり、差し引き30万の減額に対し、50万もの依頼料をとるというのは、おかしな話です。
たちの悪い業者にひっかからないように、あらかじめ料金面はしっかり明らかにしてもらうのが大事です。どのような債務整理であろうと、司法書士や弁護士が介入した段階から、貸主からの督促や連絡行為はピタッと止みます。ただ、自己破産と個人再生を行う際は全ての債権者を対象とするのに対し、こと任意整理となると話は別で、減額幅の大きい貸主を選んで手続きするものです。というわけで、対象から外した債権者による返済の催促や連絡といった行為は続くと思ったほうが良いでしょう。

非常に生活が苦しく債務整理の相談を検討しているけれど、どうあっても自分が弁護士事務所に入っていくところを目撃されたくない。もしくは事務所に足を運ぶのは忙しくて無理だという場合は、メールを介して相談することができる事務所も珍しくはありません。直接や電話で話すよりも時間をかけてやり取りすることにはなりますが、人目につくことなく時間も気にしなくてよいため、楽な気持ちで相談できる一番の方法だと思います。
借金がかさんで債務整理を考えていたのですが、家族に発覚することが不安でした。

本当は任意整理をして返済の負担を軽減するつもりでしたが、その時にはもう借金が増えすぎていて結果的に個人再生以外の方法がありませんでした。車は生活仏需品でないということで手放さなければならなかったのですが、自宅を残すことができたのは幸運でした。借金の総額を大幅に減額できたうえ、家族に事実を伝えることができましたから、精神的な面でも債務整理をして良かったと思っています。
金銭トラブル|借金問題を弁護士に相談したい