コンテンツへスキップ

今ある車はそのままに債務整理をしたいと思って

今ある車はそのままに債務整理をしたいと思っているのなら、車のローンはそのままで、任意整理などを行えば、車は手放さずに済む可能性があります。ですが、実際に車の所有が続けられるかについては、債務者が仕事や生活でどれだけ車を使っているかで変わってくるでしょう。

もし車がなくても問題ないということになると、車を所有する許可が下りませんから、専門家に状況を説明し、どうして車が必要なのかという点を訴えなければなりません。

一般に債務整理というものは種類があって、裁判所を介さない任意整理のほか、個人再生、それと、借金が帳消しになる自己破産となります。どれが一番良いかはさておき、任意整理と個人再生では、依頼主に定収入がなければいけません。

個人再生における再生計画や任意整理の和解交渉は、債務の総額を減らすためのものであって、借金自体がなくなるわけではありません。

完済まではずっと借金を返していくのですし、本人に収入があることが求められるのです。
これまでに債務整理をしたことがある上で、さらに債務整理をしたい場合、一回目の債務整理にどの方法を選んだかで異なる手続きとなります。まず、個人再生と自己破産のどちらかを行った人なら、その後7年間は再び債務整理を行うことは不可能です。任意整理ならば二回目までの期間に制限はありません。二回目の債務整理は原則として一回目よりなかなか認められにくいのですが、それが二度目の自己破産の場合は特に非常に手強くなります。

もしかすると、つい借金をする傾向があって、債務整理は何度でもできるのだろうかと疑問を抱いている人もいるかもしれません。普通は無制限に何度でもすることができます。

ですが、一回でも債務整理を経験していて改めて債務整理を希望するとなると、債務整理にとる方法にもよりますが、本来よりも承認されにくくなることも考えられます。

ですから、いざとなれば債務整理といい加減に考えるのはいけません。

皆さんご存知のように、債務整理を行うと、借金地獄からは解放されるものの、ブラックリストに名前が載り、クレジットカードやローンの審査に通らなくなるという欠点もあります。

ここで心配になるのがブラック状態でもアパートなどの契約が問題ないのかということだと思います。
実際のところ、契約不可のところもありますが、それほど数は多くないようです。選べる物件の数が減るとはいえ、借りられる物件は残されていますから、住まいについての心配はそれほど必要ないでしょう。実際に債務整理を行う際の注意点です。これは返済しきれなくなった借金を整理するために最適な方法ですが、長ければ半年ほどの間、手続きが行われることになるでしょう。ですから、この期間中にもお金が必要になることもあると思います。しかし、また新たに借金をするようなことはしないでください。このような行動が明るみになってしまうと、裁判所での立場が悪くなって、減額の許可が下りなくなったりする可能性もあるのです。
債務整理してから、銀行で住宅ローンを申し込みしてみるとどうなるかというと、利用できなくなります。

債務整理を行うと、あと数年くらいは、お金をどこに行っても借りられなくなり、信用情報に載ってしまうのです。

利用したいと思った場合でも妥当なくらいの年数をおく必要があります。任意整理には無縁であり、個人再生には緩い基準しかないため、さほど問題にされることがないですが、債務整理の方法に自己破産を選んだ場合は、財産隠しは決してやってはいけない事の一つに挙げられます。破産申立の際にどのくらいの現金と資産の所持が認められるかは法で定められた上限があります。

それを上回っている分は処分することになるのですが、万一、隠していたという事実が明るみになれば免責が認められないことはもちろん下手をすれば詐欺罪に問われる可能性も否定できません。

任意整理が片付いてから、やむをえずお金が必要だと感じたからといって、消費者金融などで借入を申し込んだとしても。審査のタイミングで通ることが出来ません。一旦信用情報機関のブラックリストに記されてしまった場合、登録が消されるまでには5?10年の時間が必要ですから、その後になればキャッシングができます。万が一債務整理をした場合でも借金が金輪際できなくなるわけではありません。

事故情報がブラックリストから抹消済みなら再度お金を借りられなくはありません。
とは言え、任意整理を行っているただ中でまた借金をしようとするのは何よりもいけません。そもそも借りられない可能性が極めて高いですし、担当弁護士または司法書士がそのことを知れば、サポートを打ち切られることもありえます。
借金 返せない 相談